坐骨神経痛と坐骨「筋肉痛」

こんにちは!!横須賀県立大学駅前にあるうみかぜカイロプラクティック院長の玉田です。
今回は坐骨神経痛と坐骨筋肉痛の違いについて説明していきます。

坐骨筋肉痛のイラスト

お尻から足にかけて痛みやしびれがある場合、ほとんどの方が坐骨「神経痛」と言われるのではないでしょうか?いわゆる「神経痛」なので痛みの現場は「神経」ということになりますが、実際、神経が損傷して痛みを起こしている方は本当に稀です。

神経痛というと「帯状疱疹」や「糖尿病」により生じことがありますが、
お尻から足にかけて痛みやしびれの現場は神経ではなく、「筋肉」であることが多いのです。なので医学用語ではありませんが、「坐骨筋肉痛」なのです。

腰方形筋
「腰方形筋」

「梨状筋」
「梨状筋」

小殿筋
「小殿筋」

これらの筋肉を押してみて、痛くありませんか?
これが坐骨神経痛の本当の痛みの現場なのです。

坐骨神経痛治療の感想

「個人の感想であり結果を保証するものではありません」

病院に行っても一向に良くならないお尻から足にかけての痛みしびれでお困りでしたらぜひ一度うみかぜカイロにご相談ください。

お客様の声

a:23 t:2 y:0