大阪コラボセミナーのダイジェストと東京セミナーの参加募集

おはようございます!!横須賀うみかぜカイロの玉田です。1週間前になりますが、大阪にて、「痛みのミカタ」コラボセミナーを行ってきました。21年ぶりの大阪にワクワクでした。今日は大阪コラボセミナーのダイジェストをお伝えします。

unnamed (24)

講師はこの3人です

トップバッターは私でした。過去に横須賀、横浜、東京、仙台、福岡と各地でセミナーを行ってきましたが、今回大阪は初めての開催だったので、少しでも多くの情報をお伝えしようと2本立てのセミナーとなりました。テーマは「痛みのパラダイムシフト」と「神経生理学からミタ痛み」でした。

unnamed (21)

痛みの定義から始まり、痛みの3つの側面、痛みの概念の変化、そして臨床において大きなパラダイスシフトを起こしてくれた2013年、米ノースウエスタン大学 アプカリアン教授らによる研究の説明をさせて頂きました。

「痛みの3つの側面」と「痛みの概念の変化」を学ぶことで、患者さんが訴える場所だけが痛みの現場ではなく、痛みとは単なる侵害入力ではないことがご理解して頂けたかと思います。

後半の「痛み学講座」では神経生理学的に痛みを認知するまでの流れをご説明するために、今回は「静止状態・興奮」をお伝えしました。「痛い」とは神経生理学的にはどういうことなのか?ズバリ電気の発生なのですが、その仕組みをご理解して頂くには、まずは細胞膜の構造と働きを知ることが重要です。今回はこの細胞膜について特に詳しくお伝えしました。

unnamed (25)

抜き打ちテスト中(笑)

また炎症の際などの通常よりも強く痛みを感じる状態(末梢性感作)のメカニズムと炎症時に使われる抗炎症剤と局所麻酔薬の作用機序についてご説明させていただきました。

【2番バッターはナチュラルケア水道橋外来センター院長朝倉穂高先生です】

unnamed (18)

穂高先生は私が尊敬する先生のお一人であり、私が目指すべき人でもあります。そんな穂高先生には「痛みのミ・カ・タ~痛みの背景とその物語を解く」をお話しして頂きました。

今回のおすすめポイントはなんといっても朝倉先生自作のテキストです。

unnamed (23)

臨床の場で、感情やストレスが患者さんの身体に影響を与えていることは分かっていてもどう患者さんに切り出していいのかわからない。あるいはそのストレスがどのように痛みと絡んでいるのか?そして患者さんの心に踏み込むことへの不安。また実際に心と身体のアプローチを取り入れても、患者さんに不信感を抱かれる経験をされた先生方も多いのではないでしょうか?

そこで今回のお話では問診から「その人の人生や習慣、性質、素質、癖、嗜好などから痛みに関与するポイントを結び付ける」その方法をお話して頂きました。

穂高先生が実際臨床で使っている問診表を用いて、各項目ごとの注意点を教えて頂きました。

unnamed (22)

モザイクかかってます。セミナー当日お楽しみに!!

また今回のセミナーを行うにあたって、穂高先生がご自身で普段臨床で意識的に無意識的に行っていた思考を言語化していくことで誕生した問診ツール「Life Map Viewing」のご紹介がありました。このツールを用いることで患者さんの言葉が視覚化でき、タイムラインを整理することにより痛みの背景を関連付けることができるでしょう。今回は時間の関係上、問診のデモや練習はできませんでしたが、次回以降もこのツールを使っての問診の仕方などのお話もあることでしょう。

そしてラストバッターは、Mr,Xこと、痛み回復センター代表の早坂秀一先生です。

unnamed (17)

早坂先生には、「情動と痛み」についてお話をお願いしておりましたが、正直当日までどんなお話をさせるのかわかりませんでした。

私は痛みに関連する書籍や文献などを数多く読んできましたが、早坂先生ほど、ユニークかつ、的確に痛みを表現される先生を知りません。

画像の説明

骨折ったちゃった感と指切っちゃった感、1=2-1=3-2=4-3=慢性疼痛、痛み=(質感+不快感)×強度、痛み定食、D,M理論など。。。これぞMr.X的思考です。この深い考察はセミナー当日に直接Mr.Xからお聞きください。

以上、2時間×3名の計6時間のセミナーをさせて頂きました。そしてこれで終わりでなく、その後、懇親会会場に移動して、話しに話して気付いたら6時間。。。とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。好評につき、6月に第2回コラボセミナーも決定致しました!!!次回の大阪セミナーでも皆様の臨床のパラダイムシフトの気づきを与えられるようしっかり準備しておきます。改めまして今回ご参加された先生方ありがとうございました。

【そして、東京コラボセミナーの開催です】

画像の説明

日時 4月1日(日)

時間 9:30〜16:30(予定)懇親会あり(予算5000円程度)

受講費 3万円(税込)

場所 東京都文京区ナチュラルケア水道橋外来センター付近(詳細は後日ご連絡いたします)

申し込みはこちら

大阪セミナーでは柔道整復師の先生方が多かったですが、整体師、マッサージ師、カイロプラクター、セラピスト、心理療法士など、痛みに関連するお仕事をされている方々にぜひご参加して頂きたいです。数年前に私自身が感じた「痛みのパラダイムシフト」を多くの先生方にお伝えしたいです。会場でお会いできることを楽しみにしております。

a:678 t:1 y:2