やっぱり腰痛患者は減らない

こんばんわ!!横須賀うみかぜカイロの院長たまだです。
夜な夜な、来年2月の痛みのミカタセミナーの資料集めをしております。
国民生活基礎調査(世帯員の健康調査・自覚症状の状況)というものがありまして、
2016年
2013年
2010年
3年ごとに調査されますが、有訴者率1位、2位は毎度ながら【腰痛】【肩こり】

画像の説明
『2016年度版』

巷ではなんで、なんで、なんでこんなにゴットハンドが増えているのに腰痛、肩こりが減らないのでしょうか?

なんとか療法、なんとかメソッド、なんとか法、色々なテクニックが開発されて痛みから解放されている方もいるのになんで腰痛は毎度有訴者率が1位なのでしょう?

僕だけでなく、周りの先生たちだって、治してるじゃん。

なんで腰痛患者減らないの?

それは・・・

痛みを取ってるだけだから!!

痛みを訴える患者さんからしてみれば、痛みが取れればそれでいいかもしれませんが、『痛みの理解』が無ければまた繰り返します。

痛み治療に必要なことは『教育』です。

◾️なぜ痛みが出たのか?
◾️痛みの原因は何か?
◾️なぜ痛みが長引いているのか?
◾️そもそも痛みとは何か?

これらを分かりやすくお伝えすることです。

『痛みのミカタ』が広まればきっと腰痛有訴者率も下がります。

2月の痛みのミカタ講演会&セミナーではそんな話をしようかと考え中です!!お楽しみに!!

痛みのミカタ公式サイト
https://itaminomikata.amebaownd.com/

a:313 t:1 y:0