脊柱管狭窄症と膝痛の改善 80代女性(横須賀市在住)

こんにちは!!横須賀県立大学駅前にあるうみかぜカイロプラクティック院長の玉田です。

今回は長年の膝の痛みと去年、激しい痛みで歩けなくなってしまった脊柱管狭窄症の症状が改善した症例のご紹介です。

脊柱管狭窄症改善の声

「個人の感想であり結果を保証するものではありません」

病院では理学療法士によるリハビリと薬を飲んでいたようですが、あまり効果がなかったようです。

腰から足にかけて痛みがあると、病院では「脊柱管狭窄症」と診断されることが多いですが、実際の痛みの原因はほとんどが「筋肉」です。

今回のこの女性の方も、腰やお尻、もも、膝回りの筋肉がガチガチでした。

脊柱管狭窄症の原因の筋肉

脊柱管狭窄症の症状として「間欠性跛行」という、少し歩いただけで
痛みやしびれで歩けなくことがありますが、この症状も神経が圧迫を受けて痛みやしびれが出ているのではなく、お尻や太もも、ふくらはぎの筋肉が原因の場合が多いです。

また病院のリハビリでは筋肉を鍛える運動を指導されることもありますが、もともと筋肉がこわばっている状態でさらに筋トレをすることで症状が悪化する場合も考えられます。

うみかぜカイロプラクティックでは硬くこわばった筋肉をぐいぐいほぐすのではなく、アクティベータという器具を使って心地よく筋肉を緩めていきます。

アクティベータメソッド

ボルト選手

病院で改善されなかった脊柱管狭窄症の痛みでお困りでしたらぜひ一度うみかぜカイロプラクティックにご相談ください。多くの方々が改善しております。

お客様の声

予約

キャンペーン

a:25 t:1 y:0